Google chromeの便利な拡張機能の覚え書き~初心者向け 【クローム・マガジン】

デバイスごとの閲覧画面にリサイズ window resizer

デバイスごとの閲覧画面にリサイズ window resizer

デバイスごとの閲覧画面にリサイズ window resizer

モバイルの最適化、レスポンシブデザインが持て囃される昨今。訪問者が何のデバイスでアクセスするかによって、Webサイトの見え方が異なります。スマホだったりノートパソコン、タブレットなど…そこで、即座にウィンドウのサイズを変更し、各デバイスからの閲覧状態を確認できる拡張機能 window resizer !

chrome拡張機能インストール

マルウェアの疑い

今年の1月には、こんなことがあった模様!

記事ではダウンロードできなかったみたいですが、今回は何事も無くインストールできました。「マルウェアかも?」なのでExtension Defenderでチェックしたところ何も問題はありません。

その後の情報が確認できていないので、現在もマルウェアかどうかは断言できません!紹介しておいてなんですが、心配な方はインストールしない方が懸命でしょう。


使い方とデバイスのサイズの追加

アイコンをクリックし確認したいサイズを選択すればブラウザがリサイズします。「Edit presets」からデバイスのサイズの追加を行います。

確認したいサイズを選択すればブラウザがリサイズ


デバイスのサイズの追加(Presets)

  1. 横幅と高さを入力
  2. アイコンを選択
  3. 任意でデバイス名や説明など
  4. SAVEをクリック
  5. 一覧に追加されます

新しいデバイスのサイズの追加

各デバイスのサイズ一覧はドラッグで移動が可能ですよ。


Presetsの保存と復元(Sync)
Presetsの保存をしておけばブラウザがクラッシュしても設定をインポートすれば簡単に復活します。

  1. 「Sync」タブをクリック
  2. 設定を保存
  3. 設定をペースト
  4. 「inport settings」を押下

ブラウザがクラッシュしても設定をインポートすれば簡単に復活

あとがき

この拡張機能の顛末をお知りの方がいらっしゃいますか?お知らせくださると幸いです。

関連記事

  • デバイスごとの閲覧画面にリサイズ window resizer

最新記事


コメント


認証コード2454

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional