Google chromeの便利な拡張機能の覚え書き~初心者向け 【クローム・マガジン】

IEでしか閲覧できないサイトを表示する IE Tab

IEでしか閲覧できないサイトを表示する IE Tab

IE only.

IEでなければ閲覧できないサイトに出会ったことはありませんか?面倒くさいけど閲覧するためにIEを起動させる…しまいには「お前の環境じゃ、このサイト閲覧できねぇから」などと言うメッセージが表示されることも(ちょっと言葉使いが悪いかな 笑)。

この拡張機能 IE Tab はChromeでそのようなサイトを表示します。

Tag: タブ

chrome拡張機能インストール

IE Tabを使ってみる

インストール完了でアドレスバーの横にアイコンが表示されます。新しいタブを開いてアイコンをクリックするとIEの簡易版のようなものが適用されていますね。IE向けサイトのURLをIEタブのアドレスバーに貼り付けて移動すればサイトを閲覧できます。

IEタブのアイコン


右クリックからのコンテキスト・メニューからも開くことができます。個人的にこっちの方が使いやすいですね。

右クリックから開く

IE Tabのオプション

General Options (全般設定)
全般設定概要

・Enable Auto URLs(IEタブを自動的に適用)
・Open pop-up windows with Chrome(chromeのポップアップを開く
・Use a full window when displaying pop-ups(完全窓でポップアップ
・Disable Auto-Search(検索を無効にする)

Advanced Features (高度な設定)

・Only open Auto URLs in IE Tab(自動URLをIEタブで開く)
・Enable DEP Policy(DEPポリシーを有効にする)
・Enable ATL DEP Workaround(ATL DEPの回避策を有効にする)

DEPとは?



Auto URLs (IEタブを自動的に適用)
自動的に適用

入力エリアに、自動的にIEタブを適用したいサイトURLを入力し「Add」をクリック。「*(半角アスタリスク)」は任意の文字列を表します。これで、ドメインにexample.comを含むものは全てIEタブで開くことになります。



Auto URL Exceptions (IEタブの適用を自動的に除外する)
適用を自動的に除外

入力エリアに除外したいサイトURLを入力し「Add」をクリック。


IE Compatibility Mode (IEの異なるバージョンでエミュレート)
IEの異なるバージョンで見比べる

ラジオボタンをクリックで設定。


あとがき

これも是非、インストールすべき拡張機能の1つですよ。

関連記事

最新記事


コメント


認証コード4455

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional