Google chromeの便利な拡張機能の覚え書き~初心者向け 【クローム・マガジン】

ページ表示速度が遅い原因を解明しアドバイス PageSpeed Insights

ページ表示速度が遅い原因を解明しアドバイス PageSpeed Insights

ページ表示速度が遅い原因を解明しアドバイス PageSpeed Insights

ウェブマスターツールで警告されて、何ぞや!?と思えば「ページの表示速度が…」とか言われる。はいはい、表示速度を改善しろってことですね。そこでこの拡張機能 PageSpeed Insights の登場です。原因を究明し分析、そしてアドバイスを促してくれます。

chrome拡張機能インストール

使ってみた様子を動画でご覧ください

ページ速度を改善したいページを開いておきます。次に、キーボード上部に位置する[F12]を押してデベロッパーツールを表示します。

  1. 「PageSpeed」タブをクリック
  2. 「分析を開始」をクリック
  3. 「…再読み込み&実行中…」
  4. 原因とアドバイス概要


オプション

Autorun:Run automatically when page loads

  • 自動で実行:ページを読み込むと実行する

Optimized resources:Don't produce optimized versions of resources

  • リソースの最適化:最適化されたリソースを生成しない

Select analyze filter

  • 選択したフィルターを分析:(下記画像を参照)

Select language

  • 言語の選択

Show PageSpeed score:Show PageSpeed score in the overview summary.

  • ページスピードの成績:スコアを表示する

PageSpeed Insightsのオプション解説

あとがき

ページ表示速度の改善に関するWebサービスも今は充実しているので、どちらを利用するかは当人のお好みですね!

関連記事

  • ページ表示速度が遅い原因を解明しアドバイス PageSpeed Insights

最新記事


コメント


認証コード2264

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional